中古バスを購入するポイント

女の人

販売業者選び

中古場所を購入する方法は様々です。仲介業者やインターネット上の販売で、全国どこからでも購入が可能になりました。まずは、バスの正しい情報が手に入れられるような、優良な販売業者を選ぶことが重要です。

点検記録簿の有無

定期点検記録簿には交換したパーツの部品やその日時が記載されています。車の現在の状態から管理履歴までわかるものなので、定期点検記録簿が揃っているか、中古バスを購入する際には確認しましょう。

ワンオーナーかどうか

中古バスを買うポイントとして重要なのは、より丁寧に扱われてきた車両であるかどうかです。ワンオーナーとは、今までに所有してきた人が一人であり、中古車として初めて販売される車両であることです。ワンオーナーであることは、複数の人の手に渡っていないため、整備記録や保証書が揃っていることが多いため、信用性が高いと言えます。

どのような使用をされていたか

普通の中古車とは違い、中古バスはレンタカーなど業者が利用している場合が多いです。しかし、レンタカーで使用されていた場合は、走行距離など高い傾向にありますが、整備や外観はその都度整備されているので良い方です。使用されていた地域によっては、その地域の風土が原因で痛んでしまっていることがあります。以前の使用用途を確認するようにしましょう。

良い中古バス選びを

たくさんの人を運べる中古バスです。だからこそ、より安全で快適な使用ができる中古バス選びをしましょう。

広告募集中